サバイバー

「24-TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役が、大統領トム・カークマン役に!

勿論日本語吹替は小山力也!!もうドラマには出ないと言っていたキーファー・サザーランドが、 脚本の面白さに前言撤回、サスペンスドラマで今度は大統領役を演じる!

一般教書演説中の議会議事堂で、テロ事件が発生。大統領はじめ上位の政治家がのきなみ殺害される。キーファー演じる下院議員がいきなり大統領に就任しなければならない事態に。指定生存者とは、一般教書演説の際には、大統領継承権保持者のうち一人を連邦議会議事堂から離れた安全な場所に待機させて、核攻撃・テロなどにより出席者の多くが死亡あるいは職務執行不能になった場合のために存在する。

国家転覆を企むテロ集団との攻防、複雑に絡む陰謀の謎解き、繰り広げられる様々な人間模様。頭脳戦、チームプレイ、裏切りなど緊張感続くスリリングな展開が待ち受ける!

音楽担当は「24-TWENTY FOUR-」のショーン・キャラリー、危険が迫りくる時の緊迫感などは秀逸。
大統領に左遷されたために、大統領になることになった高尚な理念を持つ一人の人間が、国家、家族のために自分のすべてをかけて戦っていく。突然アメリカの運命を背負うことになってしまった優しく真面目で家族を愛する男が、選挙によって大統領になった訳でもないというハンデを背負いながら、信頼を得て、支えてくれる妻、優秀なスタッフたちとともに未来を切り開くことはできるのか。人の心に訴える軽妙な話術なども魅力の一つ。

実力派俳優たちによる奇跡のコラボレーションが手に汗握る展開を盛り上げる!

「24-TWENTY FOUR-」でキーファーの恋人役を演じたキム・レーバーと再共演実現!
シーズン2後半にはマイケル・J・フォックスが敏腕弁護士役で登場!!
アクション全開で爆破テロ犯を追うFBI捜査官は『ミッション:インポッシブル3』で一躍脚光を浴びたマギー・Q、主人公の妻役に『ソラリス』などのナターシャ・マケルホーンが演じる!
エイダン・カントは大統領首席補佐官、イタリア・リッチは首席補佐官、ラモニカ・ギャレットはシークレット・サービスを演じ、そして、スピーチライター役には実際にオバマ政権下で広報部のアソシエイト・ディレクターを務めていたカル・ペンが出演してよりリアル感を高めることに成功した。

2018年お店で最も支持された海外TVドラマ!「ビデオ屋さん大賞2018」海外TVドラマ賞 金賞!!

2016年全米ABCでシーズン1放送、2017年シーズン2放送。シーズン3製作決定!!
注目度抜群で視聴数良好、特にタイム・シフト視聴(録画視聴)では凄まじい数字を叩き出す!

キーファー・サザーランド演じるトム・カークマンは米議会下院議員だったが、一般教書演説の最中に議会議事堂でテロ事件が発生。政府は壊滅状態となり、カークマンは突然大統領に任命される。カークマンが不安定な状態の政府を率い、事の発端となったテロ事件の黒幕を捜しつつ、国と家族を守るため奔走する姿を描く。

シーズン2では、カークマン大統領が国の最高司令官としての道を歩みながら、米議会議事堂を破壊したテロの犯人を捜す。それだけでなく、カークマンは大統領として、ホワイトハウスの大統領執務室から日々起こる事件に対処しなければならない。今シーズンでは、世界的に最も緊急かつ物議を醸している事柄を取り上げ、カークマン大統領が、風変わりだが聡明な政務官のリオ・ブーンや新任の弁護士、ホワイトハウス顧問のケンドラ・デインズなどの仲間とともに奮闘する姿を描く。

【指定生存者】
一般教書演説中、閣僚が一人隔離される。有事の際にはその人物が大統領になる。