リスナー 心を読む青い瞳

救急救命士トビーは、他人の心の声が聞こえる聞き手=リスナー(The Listener)
その特殊能力が、事件の謎を暴いていく!

全米で『CSI:科学捜査班』と同じNBCで放送されて人気を集めた話題作が登場!
カナダ出身の新鋭クレイグ・オレジニク演じる、特殊能力を持つ救急救命士トビーが事件の真相を解き明かす!

ポイント1:「特殊能力」×「犯罪捜査」でオモシロさ2倍!
他人の心の声が聞こえる"リスナー"トビーが、その特殊能力を使って犯罪捜査に協力し、事件の謎を解いていく。その「特殊能力」×「犯罪捜査」の相乗効果で、「デッド・ゾーン」「トゥルー・コーリング」など同様、ストーリーのオモシロさも2倍!

ポイント2:「毎回解決する事件」×「次第に明かされるトビーの過去の謎」が同時進行!
1話完結の事件捜査と平行して、シリーズを通して描かれていくのがトビーの過去。トビーはなぜ特殊能力を持っているのか? 彼の家族はどんな人々だったのか? 少しずつ明かされていく過去がスリリング!

トビーは、救急救命士の仕事に熱中し、同僚の女医オリビアに恋する一見、普通の青年。だが彼は、実は他の人が心で思っていることを聴くことが出来る特殊能力を持つ“リスナー”だった。彼はその能力を周囲に隠して暮らしているが、勤務中にある事件に遭遇。その事件を解明するため、女性刑事チャーリーに、リスナー能力で得た情報を提供するようになる。