CSI:科学捜査班

ラスベガス市警CSIの捜査官たちが最新科学を駆使して、
凶悪犯罪を次々と解決していく、全米No.1の大ヒットドラマが第13シーズンに突入!

D・B・ラッセル(T・ダンソン)は、前シーズン最終話で誘拐された孫娘ケイティを救出すべく、CSI:を率いて捜査に乗り出す。非常事態の連続から始まり、様々な難事件に直面する。行きつけのダイナーでの8人の死体、砂漠のレイブ会場で銃殺された少女、ピアノの中に遺棄された音楽ジャーナリスト、パートナーを食い殺した警察犬に、射殺された嫌われ離婚弁護士まで…目を疑う難事件の数々に、立ち向かうことになる。
メンバー達も事件に巻き込まれ、バスケのコーチを殺害したとして、ラッセルの息子チャーリーは容疑者となってしまう。ブラス警部(ポール・ギルフォイル)の娘エリーも複雑な事件に巻き込まれてしまう。また、砂漠での遺体の一人が知り合いだと確信したフィンレイ(エリザベス・シュー)は、過去の雪辱を果たすため事件解決に奔走する。様々な事件に絡まれていく中で、遠距離別居婚のサラ(ジョージャ・フォックス)とグリッソムの関係、ホッジス(ウォレス・ランガム)と婚約者エリザベッタの関係も次第に移り変わっていく。さらに、ワイン収集家の殺人事件が起きる第13話では『CSI:NY』のマック・テイラー(ゲーリー・シニーズ)が登場し、恋人の失踪事件をラッセルと解決する。モーガンが危険な囮捜査を試みる最終話では、伝説のバンドであるブラック・サバスのメンバー達が新曲を初披露。かつて無い程の緊張感とスピード感の中、CSI:は最新の科学技術をフルに駆使して、事件の解決に挑んでゆく。

衝撃の事件あり、ミステリアスな現象あり、感動の結末ありと、ドラマとしてのあらゆる要素を詰め込んだ今作は、とても贅沢なエンターテインメント作品に仕上がった。そして、その事件を解決していく登場人物それぞれが昆虫学、血痕分析、オーディオビジュアル分析等、得意分野をもつプロ集団。その頭脳と個性豊かな人間性が繰りなす人間ドラマも見逃せない。見所満載で人気爆発・満足度120%の新しいタイプのTVドラマ! 『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ナショナル・トレジャー』シリーズのジェリー・ブラッカイマーが、TVの世界も制す!製作総指揮は『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ナショナル・トレジャー』シリーズで映画界を席巻したジェリー・ブラッカイマー。ハリウッドNo.1ヒットメーカーが、映画に負けないド派手な映像を展開!!

全米視聴者をCSI:が独占!待望の新スピン・オフ企画『CSI:CYBER』シリーズ化決定!

全米では3シリーズを同時にオンエアーし、視聴率ランキングでは常にCSI:シリーズが上位を独占!2000年放送開始以来、他の作品の追随を許さず全米視聴者の絶大な支持を獲得し続けている。惜しまれながらマイアミシリーズは、シーズン10で、NYシリーズもシーズン9で終止符を打ったが、本シリーズはシーズン15全米放送!そして、2015年2月『CSI:CYBER』全米放送開始!!

『CSI:科学捜査班』とは?

欲望が渦巻く街・ラスベガスを舞台に、その市警察にある科学捜査班(CSI=Crime Scene Investigationの略)所属の捜査官たちが、最新科学を駆使した捜査技術でさまざまな凶悪犯罪を解明していく姿を描く。人間的な魅力にあふれた 捜査官たち、そして全米各地の警察やFBIも使用しているという本物の“科学捜査”の最新テクニックを毎回1話の中に凝縮させた傑作ドラマである。

舞台はラスベガス

アメリカ西部のネバダ州南部にある同州最大の都市ラスベガス。ネオンきらびやかなホテルや巨大カジノが立ち並び、経済も人口も著しく成長し続ける。この世界最大のアミューズメント・シティには、毎月300万人以上もの人々が出入りしている。金持ちから貧乏人、ギャング、犯罪者、娼婦…様々な人種が、つかの間の夢を追い求めラスベガスへとやって来て欲望を解放させる町でもある。それゆえ事件も犯行の背景も多彩。何とも「CSI:」の原点にふさわしい。番組を象徴するカラーは、夜の闇 に映えるネオンのカラフルな原色だ。