CSI:マイアミ

ストーリー

犯人をあぶりだせ――。
時代を突き抜ける!全米No.1メガヒットドラマ『CSI:』シリーズ!

息をのむ美しいビーチ、魅力的な人々、欲望が渦巻く街、新しい科学捜査の世界、新たな舞台、新たなチーム。 フロリダ州マイアミ・デイド郡警察 科学捜査班、彼らはよりハイテク技術を駆使して被害者や犯罪現場に残された微小な証拠から、どのように犯行が行われたかを究明し、犯人の姿を浮かび上がらせる。

第1話

第1話

永遠の旅立ち

Lost Son

内陸大水路を横切るブリッジにクルーザーが激突し橋が倒壊した。クルーザーは自動操縦になっており、船内で51歳のリード・ウィリアムズという男性が射殺されていた。リードを撃った後に犯人は水中へ飛び込んで姿をくらました為、クルーザーはそのまま橋に激突したのだ。

捜査班がリードの妻タウニーに話を聞くと、夫妻の息子であるジョーイが何者かに誘拐されたと言うのだ。そして、身代金として犯人から300万ドル分の宝石を要求され、リードは犯人と交渉すべくクルーザーに出向いていったと・・・。
空手道場へ出かけたあとのジョーイの足取りをつかむため、捜査班たちは空手道場で聞き込みを開始する。空手道場のインストラクター、ケンがジョーイの誘拐現場を目撃していた。ケンは捜査に証言したが、それはあっけなく偽証であるとバレてしまう。ケンは犯人から口止め料を受け取っていたことを白状し真実を話した。
捜査が進み、ある宝石商への疑いが浮かぶ。その聞き込みの現場で捜査官スピードルの身に思わぬ事件が起きてしまう!!
そして、ジョーイ誘拐事件の真相は?犯人は?いかに?!

第2話

第2話

極悪弁護人

Pro Per

パーティー・プロデュースの起業家ドゥ・ラベックが海辺の自宅でのパーティー中に、突然シガレットボートでベイサイドに近づいてきた2人組の男が銃を乱射してきた。パーティー客のジェニファー・ヴァルデスが銃弾に倒れ死亡した。ジェニファーの10歳の息子スティービーは孤児になってしまった。
ドゥ・ラベックからの目撃情報で犯人は彼の昔の仕事仲間だったミドルブルックと判明した。母親を殺されてしまったスティービーもやはり犯人を目撃しており、ミドルブルックが撃ったことは間違いなかった。
逮捕されたミドルブルックは独学で法律の勉強をしていて法律に詳しく、弁護人を付けずに自分で自分を弁護して、罪状認否と予審と保釈請求を一度にやってのけると豪語した!
ミドルブルックは一体どんな秘策を使って、この窮地を切り抜けるつもりなのか??
そして、捜査班はミドルブルックを殺害容疑で逮捕・起訴できるのか??

第3話

第3話

愛の奴隷

Under The Influence

一つ目の事件、ショッピングモールから人混みを掻き分けるように飛び出してきた女性、カトリーナがバスに轢かれて死亡した。ほどなくカトリーナの財布をショッピングモールで奪った男が捕まったが、男は財布を奪ったのみでカトリーナの死亡には関係していなかった。

検死の結果カトリーナの背中には、力いっぱい押されたような手のひらの痕が残っていた。彼女は誰かに突き飛ばされて殺されたのだ。そして彼女は妊娠していることも判明。恋人であるジェフ・シーバーの事情聴取に取り掛かったが、(ジェフは何かを隠そうとしている・・・)と捜査班は感じとった!

第4話

第4話

汚染の輪

Murder In A Flash

早朝のゴルフ場、プライベートコースの18番グリーンに、『フラッシュ・モブ』で集まった100人以上の若者たちが大騒ぎしていた。彼らが逃げ去ったあとのバンカーには死体が残されていた。その被害者はダニエル・クライナー、クレスト・アカデミーという名門進学校に通う18才の男子生徒だった。
死体の傍にはスコッチのビンが落ちており、検死の結果ダニエルの血中からは「レイプ・ドラッグ」と呼ばれている薬品「GHB」が検出された。アルコールにGHBが大量に混ぜられたことが彼の死因であると断定される。
捜査班はダニエルが通っていたクレスト・アカデミーに出向き、生徒たちのPDAと携帯電話を調べた。すると、今回の『フラッシュ・モブ』を計画したのはジャスティン・ギレスピーという生徒であると判明。彼を調べていくと学校内のさまざまな人物の名前が浮上してくる・・・。

また、荷物検査に姿を見せなかった女子生徒を調べると、別の殺人事件までもが浮かび上がってきた!

第5話

第5話

天使の犠牲

Leagal

クラブのトイレで18歳のジェニー・プライスが殺された。
「ベリチップ」という身分証明やクレジットカードなどの個人情報を書き込めるタイプのマイクロチップがある。
殺されたジェニーの肩にはこの「ベリチップ」が埋め込まれていた。
ベリチップを調べてみると、クレジットカードの登録住所がアルコール飲料取締局になっていた。ジェニーは未成年者のアルコール飲酒を取り締まるための潜入捜査の手助けをするボランティアをしていたことがわかった。
ジェニーはクラブ・オーナーのチェース・ショーという男をマークしていたことから、チェースに疑いがかかったが、彼にはアリバイを証明するニーナという女性がいた・・・。
クラブのトイレのドアに残されていた指紋から、未成年でありながら飲酒をしていたジャックに容疑がかかる。
調べが進むにつれ、闇の組織とそれに関わる大勢の人たちの存在が明るみに!!!
一体どんな理由でジェニーは殺されなければならなかったのか?

第6話

第6話

ヘルナイト

Hell Night

野球のスター選手ドニー・ロペスは、10ケ月前に妻のミランダを自宅で刺殺したとして、起訴され裁判が行われていた。
ロペスの自宅を、本人も立会いのもと陪審員たちが見学することになった。
その自宅見学の途中で、陪審員の一人がテンカンの発作を起こし倒れた。そして周囲が騒いでいる隙にロペスは頭部を包丁で一撃され殺されてしまう・・・。

ドニー・ロペス殺害の捜査をしていくと、犯人は陪審員の中のある一人の人物であることがわかった。またさらに捜査を深めていくと、なんとミランダ・ロペス殺害の真犯人に思わぬ人物が浮かび上がった!!

第7話

第7話

津波大パニック 無法地帯

Orime Wave

カナリア諸島のクンブレ・ビエハ火山が噴火した為、それによって発生した高さ100メートルの津波が、フロリダ南岸のマイアミ目がけて押し寄せようとしていた。津波到着を約10時間後に控え、市民には強制避難命令が出されて、準備に追われていた。
津波に備えて買い物に殺到する市民で街が混沌とする中、ホームセンターの駐車場で殺人事件が起きた。
被害者は元囚人のレオン・コールドウェルと女子大生のレジーナ・ベーコン。どうやらレジーナはレオンの殺害現場を目撃してしまった為に殺されたらしい・・・。
レオンがホームセンターで購入した品々と所持していた大口径の銃から、「強盗を企んでいたのでは?」と推測された。捜査が進み真犯人像にたどり着いた時、銀行強盗は起きてしまった!

第8話

第8話

孤独な女

Speed Kills

サウスビーチのニューロン・ラウンジというバーでお見合いパーティーが行われた。
翌朝、ラウンジの外でお見合いパーティー参加者の遺体が発見された。その被害者はリチャード・ラーケン・35歳・男性。被害者の遺体から頭部撲殺による死亡であることがわかり、また、頭蓋骨にできた傷の形や下顎が砕かれている状況から、殺害に使われた凶器はタイヤレンチであると断定された。

被害者の車に「アセトン」という薬品がかけられていた為、お見合いパーティーの女性参加者だった美容師のメアリー・キーナンが疑われた。しかし、彼女は「リチャードに屈辱的にフラれたから、車にアセトンをかけて仕返ししてやった」とは認めたが殺してはいないと言う。
順番にお見合いパーティーの参加者たちから事情聴取を進めていくが、なかなか真犯人には辿り着けない・・・。
出会いを求めて楽しいパーティーになるはずの場所で、果たしてリチャードは誰に何の目的で殺されたのか??

第9話

第9話

危険な集団

Pirated

海中に沈められた男性6人の遺体が発見される。全員ロープで繋がれており、何者かに船を襲われた漁師と思われる。
ホレイショたちは帰港予定を過ぎた漁船を見つけ、SWAT部隊とともに船内にいた敵を倒すが、敵の一人が姿を消した。調査の結果、ダリル・モーガンが逮捕される。
発見した船の内部を調べると、貯蔵室からロシア製の武器ケースが出てきたことから、船主が大量のロケット弾を密輸していたことが判明。ダリル達はこの武器を奪ったのだ。
船主を捕らえ尋問すると、クルーは9人で他の3人は救命ボートで漂流しているところを救助されたがそのうちの1人はすでに死亡していた。
助けられた2人はアダムとブライアンという大学生で、カリー達が事情聴取をするが、アダムの話には事実と食い違う点が多く、さらにアダムの口座には5千ドルが振り込まれていた。

果たして、アダムとダリル達とのつながりは何なのか? そして、ダリル達が武器を奪った目的とは?!

第10話

第10話

悪夢の始まり

After The Fall

海岸線のコンドミニアムの3階から何者かが落下した。
その死体の男の名前はマイケル・ジョンソン。彼はブリーフケースを持ったまま死亡している上に、体の損傷からみて自殺したとは到底考えづらい状態だった。
したがって、マイケルは投身自殺ではなく、上から落ちてきた‘誰か’に潰されて圧死した、とCSIは推測する。
落下したコンドミニアム3階の部屋を調べると、部屋主である元事務官のエドワード・マティスは10万ドルもする指輪が盗まれたと言う。しかし、その話しはすぐに嘘であることがバレるが、エドワードは本当に盗まれた物が何だったのか証言を拒むのだった・・・。
しかしその盗まれた物とは、ある殺人事件の真相に迫る大事な証拠につながるものだった!

そして、その殺人事件に関わった人物たちによって、ホレイショは危急存亡に追い込まれていく!現実社会にはびこる闇の圧力に彼は潰されてしまうのか?

第11話

第11話

一族の汚点

Addiction

ふたりの結婚記念日をレストランで祝ったモーガン・コールマンと妻のケイ。彼らはレストランから出てきた直後にカージャックに襲われ、そのあと妻のケイは頭部を銃で撃たれた死体で発見された。
車のバックシートには犯人の皮膚組織が残っており、DNA鑑定からビクター・ティノーコーというカージャック常習犯の皮膚であることが判明した。
しかし、そのビクターも後頭部を撃ち抜かれて自宅アパートで射殺されていた・・・。彼のアパートにはケイ・コールマンの殺害を指示するメモが残されており、その便箋にはコールマン社の透かし模様が入っていた。
コールマン社はモーガンが兄弟3人で経営しているブラインド・シャッターの製造会社である。しかし、事情聴取を行った夫のモーガンは容疑者ではないらしい・・・。
ケイ・コールマンはなぜ殺されなければなかったのか?カージャック犯のビクターは誰に殺されたのか?コールマン社の便箋とビクターとの関係とは?

第12話

第12話

ER襲撃

Shootout

デイド・メモリアル病院のERにギャング「イースト・サイド・ヘルマノス」のメンバー、ヘクターが突然乱入し患者の1人と銃撃戦になり2人とも死亡した。
ヘクターが狙ったのは敵対するギャング「テン・トレイ」のメンバー、カルバンだった。
カルバンがERで治療を受けていることを「イースト・サイド・ヘルマノス」に密告したのは、ERの職員であるラモンだった。
過去にラモンは「イースト・サイド・ヘルマノス」のメンバーであった。その当時のリーダーだったプリメロをカルバンに殺された・・・という経緯からカルバンのことを恨んでおり、ヘクターがERを襲撃した理由もやはりそれだった。
カルバンの検死を進めると、今回撃たれたものではない古い弾丸が体内から見つかった。
さらにそのことがきっかけとなり、プリメロ殺害の真相が見えてきたのだ!

第13話

第13話

分かれ道

Cop Killer

リッチ・インスコ巡査はパトロール中、職務質問するため停車させた車に乗っていた人物から銃で撃たれて死亡してしまった。
その日、巡査のパトカーには見学者としてパトリック・ブルックナーという少年が同乗していた。彼は警察官に憧れている学生だ。
インスコ巡査は職務質問の際に、パトカー車内のデータ端末に車のナンバーを入力していたため、その車はすぐに発見された。
しかしその車を運転していたのはミッシー・マーシャルという16歳の女子高生で、彼女以外に同乗者はいなかった…。
ミッシーの供述によると、インスコ巡査を撃ったのはジョージョーという男で、その日の朝にナンパされて買い物を頼まれ車を走らせていただけだと言う。

しかし隠れていた真実が捜査によって見えてきた―――。

第14話

第14話

妻たちの危険な情事

One Night Stand

アグラモンテ・ホテルのベルマンが客室へスーツケースを運んだあと、その部屋の客に射殺された。
客がシャワーを浴びている間にベルマンがスーツケースの中身を覗いてしまったために殺されたようだ…。
その宿泊客は荷物とともに姿を消した―――。
しかし、ベルマンが部屋へ運んだ4個のスーツケースの他に、バゲッジカートに乗り切らなかったスーツケースがもうひとつあり、それはまだホテルに残っていた。
その中身は、50ドル札を印刷する紙と人毛の束。
《家族を誘拐して印刷を強要する》そんな点から、人毛は印刷屋の家族のものであると推測された。
果たして紙幣偽造は誰の手によって操られているのか??

第15話

第15話

猛獣の正体

Identity

ドミニク・ホテルの敷地内にあるプールで女性の他殺体が見つかった。

その女性の名はターニャ・ファーマン、シカゴからマイアミに遊びに来ていた21歳の女の子だった。彼女は日焼け用のテントの中で、何かの粘液で全身がびっしり包まれていた…捜査を進めると、毒性の強いPMAという幻覚剤も検出される。彼女の身に一体何が起こったのか?

第16話

第16話

エバグレーズ炎上

Nothing to Lose

ショットガンで撃たれた男性の射殺体がエバグレーズで発見された。
その男性の遺体回収が行われている最中、落雷による火災が発生した。
大規模な火災になったため消火活動には消防士だけでなく、郡刑務所に人手の応援を要請し囚人たちが消防隊として加わっていた。
しかし、囚人の消防隊の一人が殺され、別の囚人がひとり姿を消した―――。
姿を消した囚人はサイラス・エバトンという囚人のはずだったが、当の本人はなぜか刑務所の中にいた。
サイラスを問いただすと、トッド・ケンドリックという刑務所仲間に『ある人物への復讐』を依頼していて、そのため、ケンドリックはサイラスの替え玉となり刑務所の外へ出て行ったらしい…。
ケンドリックの刑務所脱走の真の目的は?

また、エバグレーズに次々と巻き起こる事件の数々にCSI捜査班はどう立ち向かうのか??

第17話

第17話

終わりへの伏線

Money Plane

マイアミ空港を発った貨物機が高級住宅地である、コーラル・ゲーブルズ地区に墜落した。
貨物機の操縦士は重体ではあるものの一命を取りとめ、捜査班の問いかけにも答えることが出来た。その操縦士の目には角膜瘢痕(はんこん)が見られ、どうやらレーザー光線で目を眩まされたために貨物機は墜落したようだ。
犯人の目的は一体何だったのか??
また、墜落現場からは墜落が死亡原因ではない、不審な若い女性の遺体が発見された。
彼女の名前はケイトリン・タウンゼント、柑橘類産業で財を成した富豪の娘で二十歳。
死んだ彼女の周りには大量の小切手や新札の札束が散乱していた・・・。

ケイトリンは、問題のある少女たちを救うための慈善事業をしていた。そんな彼女の身に降りかかってきた不幸な事件の真相とは??

第18話

第18話

配達された殺意

Game Over

その乗用車の運転席には、衝突前に死亡していた男性の死体が座らされており、さらに彼の右足は切断されていた・・・。
現場に散乱していたクリスタルの破片から、あるゲーム会社が浮上し、被害者はそのゲーム会社でテスターとして働くジェイク・サリバンと判明。しかし、ジェイクの右足が見つからないため、捜査班は彼の死因を特定できずにいた。

第19話

第19話

モンスターの復讐

Sex & Taxes

パークニー・ドライブ、桟橋のヨットの上で税務官のレンフロが射殺された。撃ったのはヨットの持ち主であるジェイソン・ウィットリー。
ウィットリーの証言によると、レンフロがヨットを出航させようとしたため、「ヨットを盗まれる!」と思ったという。そして、「レンフロに脚を撃たれた」と正当防衛を主張するが、その銃創には粉粒痕があり、それは銃弾を近射したことを物語っていた・・・。

第20話

第20話

エピローグの幕開け

Killer Date

キム・バートンという女性がクラブ・プローンで殺された。
キムはビジネスパートナーのノエルと“ウィングチックス”という男性に女性を紹介するデート組織を作っていた。そのデート組織とは、キムが“ウィングチックス”の会員男性の友人のフリをして女性に近づき→会員の男性を紹介する→声をかけられた女性は、(女性に紹介された男性ならば大丈夫・・・)と気を許しがちになる・・・という心理をうまくついた商売だった。
彼女は、殺されたその日もカモの女性を引っ掛けた後、クラブのベッドの上で何者かに枕で窒息させられ死亡していた・・・。
キムの事件で捜査に向かう途中、デルコは自分のバッジがなくなっていることに気付く。
前日に心当たりのあるデルコはバッジを探し始めるが、バッジが悪用され新たな事件が起きてしまう。

第21話

第21話

汚れなき秘密

Recoil

ビスケーン裁判所前。
別れた元妻のシェリを相手に、愛娘のエイミーをめぐっての親権取得を法廷で争っていたブラッド・マニング。
その日は裁判所での聴聞会だったため、二人とも裁判所に出向いていた。
そして裁判所前でブラッドはシェリに銃口を向けたのだ!
そばに居合わせたホレイショは、ブラッドの行動を止めに入った。しかし、制止を聞こうとしなかったブラッドはホレイショによって射殺されてしまう。そして狙われたシェリは肩を撃たれただけで済んだ。
だが、現場にいたテレビ局の取材クルーが撮影していたテープには、銃声が3発録音されていた。
調べを進めると、何者かに買収されて監視カメラを遮った男、またブラッドを射殺しようと発砲した男も浮かび上がる。
さらにはシェリの危険な正体も捜査によって明るみになる!

第22話

第22話

闘いの火蓋

Vengeance

ウェイブクレスト高校の1990年度の卒業生たちが15年ぶりの同窓会を楽しみに週末のホテルに集まっていた。
高校時代に生徒会長を務め、フットボールチームではクォーターバックで元プロム・キングだった学校一番の人気者パトリック・ヘールが、会場のトイレで何者かに殴殺された。
捜査を進めると、パトリック殺害に至りそうな動機を持つ人間が大勢浮上してきた。
まずはパトリックの妻であるジェニー。彼女はパトリックの浮気癖に悩まされていたうえに、夫の死の直前に生命保険をかけていた。
2人目はパトリックが死ぬ前にトイレで逢引きしていた同級生のミシェル。
3人目は保険をジェニーに勧めたダン。ダンは1年生の時にある理由で学校を中退していた。

第23話

第23話

殺人鬼養成講座

Whacked

ケン・クレーマー、彼は5年前にビーチハウスでカップルを襲い女性をレイプした上に二人とも斧で殺した無差別殺人の罪で死刑が確定していた。
ところが最高裁から、鑑定を一からやり直しCSIはDNA以外の証拠を再捜査するよう命が下った。
ケン・クレーマーの再捜査を始めたところ、5年前には見つけられなかったが、彼には共犯者がいた・・・という新事実を突き止めた。
見つけ出した証拠から新たに抽出したDNAにより、共犯者はクレーマーの血縁者であることが判明する。また、あの事件以降もその人物は残忍な殺人や殺人未遂事件を重ねているらしいのだ。

CSI捜査班は、果たしてケン・クレーマーの死刑実行を延期させず予定通り決行できるように事を運べるのか??

第24話

第24話

去りゆく者たち

10-7

倉庫外にあるデザイン会社のロフトにクラブDJたちが押し入り、無許可でパーティーを開いていた。
パーティーが盛り上がっていた最中に爆発が起きて3人が死亡する。
現場を見たホレイショは、ライブがあった隣の部屋で爆発が起きたと知る。

その部屋は作業部屋になっていて、そこには男の死体が転がっていた。
死体の男の名はブランドン、彼はTNT爆弾という放射能爆弾を試作中だったことが判明。爆弾はどこかにまだ残っていることが分かり街は厳戒態勢に・・・。
また、その身辺の調べを進めていくとホレイショの弟レイモンドの存在が見えてきた!行方知れずになっている彼の身に一体何が起きているのか??

そしてシーズン3のラスト、CSIメンバーたちを待ち受けるものは??