ブルーストーン42 爆発物処理班

「M✩A✩S✩H マッシュ」のテイストを「ハート・ロッカー」の世界に持ち込んだ意欲作。
アフガニスタンに展開するイギリス爆発物処理班の活躍(?)を描いた戦争コメディ・シリーズ!

激しいアクションや危険な状況、戦地の現場、人命救助などから、次の任務をダラダラしながら待っているときの一筋縄ではいかない友情まで、様々な場面を視聴者に見せてくれる。『M★A★S★H マッシュ』のテイストを『ハート・ロッカー』の世界に持ち込んだ本作は、生き生きとした仕事仲間どうしの冗談と、誰もが身に覚えのあるような人間関係の落とし穴をよく描いている。たとえ彼らが毎日のように危険に直面していてもだ。

最前線基地“ブルーストーン42”の、おかしなおかしな精鋭部隊?
「アメリカン・スナイパー」の真逆をいく面白さ!

ヒーローの日常生活とはどんなものだろうか?やる気あふれる若い後輩につまらない書類の処理をさせる?同期をからかう?チームに新しく入った女子に手を出す?それとも、自分たちに爆破攻撃を仕掛けようとする見えない敵に立ち向かう?見えない爆弾と命がけで戦うことになった兵士たちのチームを取り上げたコメディであるが、シリアスなプロの仕事と面白さが共存できないなどと誰が決めたのだろう?

このシリーズの制作にあたり、イギリス軍の現役・退役軍人や、軍事専門家からの助言を得て、念入りなリサーチが行われた。
南アフリカでの撮影の際、『ブルーストーン42』はドラマシリーズ『ストライクバック』と同じセットを使用した。

ブルーストーン42とは、対IED(簡易爆発物)チームのコールサイン。彼らは強い結束力を誇り、あらゆる任務を協力して成し遂げる高度な訓練を受けた兵士たちの集団である。このチームを率いるのは、爆弾処理の専門家で冗談好きなニック・メドハースト大尉。彼は新しく来た牧師のメアリーが勇敢な自分の魅力になびかない理由がわからない。チームには仕事熱心な大尉の右腕ミルジー、男らしくなりたい伍長のリンダ・バード(ニックネームはバード)がいる。さらに、良識的な伍長のサイモン・ランスリー、毒舌家のスコットランド人新兵マックとロケットからなる3人のチームが彼らを守るよう任命される。